• 地球環境への思い
  • 生産者とのパートナーシップ
  • フェアトレード
  • お客様への思い
  • ノヴァのスタッフ
  • 次世代へ豊かな自然を残すーノヴァアグリ八頭
  • ノヴァの社会貢献

生産者とのパートナーシップ

ノヴァにとって各国の生産者は、「長期的な関係のなかで、より品質の高い製品を協力しながらつくっていくパートナー」、つまり「協働者」です。この考え方は、ノヴァが現在の主力事業である有機食品の輸入販売を始めた理由と深く結びついています。

当時ベーカリーであったノヴァが、パンづくりに必要な有機ドライフルーツを探すなかで出会ったのは、手間もコストもかかる有機農業に信念をもって取り組む世界各地の生産者たちの姿でした。「こうした生産者の人々と、日本のお客様をつなげたい」。その思いが、有機ドライフルーツ、有機ナッツの輸入・販売を始めるきっかけとなったのです。

ノヴァでは世界各地の生産者の顔、果樹園や畑の様子などをしっかり確認した上で、信頼できるオーガニック生産者と直接、取り引きを行っています。さらに、スタッフが定期的に生産者を訪れ、生産状況や生産者の暮らし、現地の環境などを確認。「畑の顔が見える」関係を築きながら、品質の改善に努めています。

各国の生産者にほぼ共通しているのは「有機農業の事業というのは、自然との共同作業であると同時に、環境問題や格差問題など、地球規模の課題に対して果敢に挑戦する取り組みである」という信念でした。そうした理念はノヴァにも共通しており、紅茶などの商品については、貿易を通じて貧困の解消を目指すフェアトレードも実施しています。

ノヴァでは引き続き、生産者との信頼関係を大切にしながら、「安心」「おいしさ」「品質」をさらに高めた「畑の顔が見える」製品をお届けしていきます。

「生産者・現地レポート」はこちら

地球環境への思い

「有機=オーガニック」であるということは、ノヴァにとって安心・安全を実現する大切な指標。

フェアトレード

「フェアトレード」を英語で書けば、「Fair(公正な)」+「Trade(貿易)」。発展途上国で働く生産者が貧困から抜け出せるよう、公平な価格で継続的に取り引きを行うことで、生産者が自分の力で生活を向上させていく環境づくりを支援していくものです。

お客様への思い

1985年、ノヴァは現在の所在地・埼玉県北本市に、天然酵母と国産小麦の全粒粉を使ったパンを販売するベーカリーとして誕生しました。

ノヴァのスタッフ

埼玉県・北本市にあるノヴァの本社工場で、輸入した小売り製品の再選別・袋詰めを行っているのは、主婦を中心としたパートタイムの熟練スタッフ。この人選には理由があります。

次世代へ豊かな自然を残す ー ノヴァアグリ八頭

「ノヴァアグリ八頭」は、2012年4月に鳥取県八頭町で設立された農業生産法人。これまでノヴァが培った有機農産物の知識と経験を活かし、ラズベリー、ブルーベリーといった果樹の有機栽培から加工・販売まで、地域に根ざした環境保全型の新しい有機農業モデルを実践していきます。

ノヴァの社会貢献

「すべての人が輝くことのできる社会を築きたい」という願いを込めて、ノヴァが実践している社会貢献活動について紹介します。

素材の向こうに畑の顔が見える

FairTrade JAS
営業時間:月〜金 9:00〜17:00(12:00〜12:45まで昼食)土日祝、お盆休み、年末年始はお休みをいただいております。

株式会社ノヴァ

〒364-0013
埼玉県北本市中丸 9-20
TEL. 048-592-6491
FAX. 0120-934-223
設立 1985年4月24日

FairTrade JAS
営業時間
月〜金 9:00〜17:00(12:00〜12:45まで昼食)
土日祝、お盆休み、年末年始は
お休みをいただいております。
株式会社ノヴァ
〒364-0013 埼玉県北本市中丸9-20
TEL. 048-592-6491 FAX. 0120-934-223
設立 1985年4月24日
ページトップ