• 「オーガニック=有機」とは
  • 「オーガニック」に対するノヴァの考え
  • 「食の安全」を実現するさまざまな取り組み
  • 有機検査員による内部監査

「オーガニック」に対するノヴァの考え

ノヴァの基本方針は「おいしく、安心な食をお届けする」こと。健康な身体づくりの基盤となる「食」を提供する上で、「安心・安全」は欠くことのできない条件だと考えています。

1985年の創業以来、「健康で安全な」食のあり方を追求しつづけてきたノヴァが、この「安心・安全」を守るごく自然な答えとして選択したのが、「オーガニック=有機」であることでした。ノヴァの有機ドライフルーツ・有機ナッツは、土壌づくりの段階から農薬や化学肥料に頼らず、栽培時の殺虫剤や化学肥料も不使用。加工時の酸化防止剤などもいっさい添加していません。

また、「有機であること」が国内外の認証機関によって保証された品であることもポイント。厳しい書類審査と現場審査を経て認定を取得したということは、その食品がオーガニックであるという事実が、第三者機関により、記録を通してしっかり確認されたことを示すからです。

また、ノヴァではより高いレベルでの安心・安全を実現するため、有機認定の取得にとどまらず、さらなる安全性と品質向上の取り組みも併せて実施しています。

ノヴァのオーガニック

ノヴァの有機ドライフルーツ、有機ナッツは、

栽培・収穫

① 土壌の段階から3年以上化学肥料を使用せず、有機肥料のみを使用する。
② 栽培期間中、成長ホルモン剤、殺虫剤、除草剤などの化学合成薬品等を使用しない。
③ 収穫、選別、移動時に化学合成薬品等の使用や汚染・混入がない。

加工

④ 原料に有機農産物を使用し、選別・加工・貯蔵などの工程において化学合成薬品等の使用や汚染・混合がない。
⑤ 収穫後のフルーツ、ナッツは天日乾燥または低温乾燥機を使用。

流通

⑥ ポストハーベストは行わず、保管時も薬品の使用や汚染・混合がないように管理する。
⑦ 自社予約コンテナーにて輸入、痛みやすいものは冷蔵コンテナーを使用。
⑧ 日本の港で植物検疫検査があり、検査後に燻蒸されたものは販売しない。

袋詰め

⑨ 輸入後、ノヴァの低温倉庫で保管し、合成保存料などの添加物は一切使用しない。

「オーガニック=有機」とは

オーガニック食品=有機食品とは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の力を最大限に引き出して生産された食品のことを言います。

「食の安全」を実現するさまざまな取り組み

「オーガニック=有機」は「安心・安全」を守るための重要な指標。これが「健康で安全な」食のあり方を、創業以来追求しつづけてきたノヴァの「オーガニック=有機」に対する考え方です。

有機検査員による内部監査

有機検査員とは、有機認定の仕組みを支える、現場に最も近いプロフェッショナルです。

素材の向こうに畑の顔が見える

FairTrade JAS
営業時間:月〜金 9:00〜17:00(12:00〜12:45まで昼食)土日祝、お盆休み、年末年始はお休みをいただいております。

株式会社ノヴァ

〒364-0013
埼玉県北本市中丸 9-20
TEL. 048-592-6491
FAX. 0120-934-223
設立 1985年4月24日

FairTrade JAS
営業時間
月〜金 9:00〜17:00(12:00〜12:45まで昼食)
土日祝、お盆休み、年末年始は
お休みをいただいております。
株式会社ノヴァ
〒364-0013 埼玉県北本市中丸9-20
TEL. 048-592-6491 FAX. 0120-934-223
設立 1985年4月24日
ページトップ